アイホールくすみの原因と対策

アイホールのくすみを着実にケアする簡単な方法

 

アイホールは「目の窪み」「眼窩」とも言われます。

 

この部分のくすみに悩む方が増えています。

 

 

アイホールくすみの原因

アイホールのくすみの原因にはいくつ考えられますが、まずは年齢(加齢)によってくぼんできてしまい、その結果、目元に影が出来ていることが考えられます。

 

皮膚の弾力が減り、薄くなることで更に窪みが目立つようになります。

 

乾燥などで小じわが出来てしまい、目元に影が出来ている可能性もあります。

 

 

また、血行が悪くなっているためくすんでくる可能性も。

 

スマホやパソコンなどで長時間目元を酷使していませんか?

 

ストレスやたばこなどで血行不良になっている可能性もありますね。

 

そして、お疲れの方が陥りやすいのがメイクをきちんと落としていない、ということ。

 

メイク落としが適当だったり、乱暴に目元をこすったりするのも良くありません。

 

アイホールへの刺激で色素沈着を起こしてしまっていませんか?

 

もちろん、生活リズムの乱れや食生活の偏りで起こる場合も。

 

このように、アイホールのくすみには様々な原因が挙げられるのです。手遅れになる前に、対策していきましょう!

デキてしまったアイホールくすみの簡単なケア方法

目の下の皮膚の厚さはとても薄くく、0.5oくらいと言われています。

 

 

そのため、水分を保持している力が弱く、血行が悪くなっているとすぐ目立ってしまうのです。

 

 

まずは保湿対策と、目元の血行を良くすること。

 

温めたり、逆に冷やしたりするのが手っ取り早いです。

 

濡らしたタオルを適度な温度になるようレンジでチンして目元に乗せれば速攻でパック代わりになります。
>>自宅でデキる簡単手作り美白パック20選!

 

熱いので十分気を付けてくださいね。

 

こちらはむくみにも効果がありますので、飲みすぎたり、泣きすぎたりして腫れてしまった目元にも効果てきめんですよ。

 

 

年齢によるくぼみ、乾燥などには専用のケアを開始しましょう。

 

ジェル、クリーム、乳液など様々な形状のアイケア商品が登場しています。

 

お好みのものを選んでみてくださいね。

 

 

しわが気になる方にはレチノール配合のものがおススメです。

 

レチノールとはビタミンAのことで、しわやシミ、水分保湿などアンチエイジングに効果が高いとされている成分です。

 

 

レチノールが配合されているものは夜のみ使用すればいいものが多いので、気軽に始められます。

 

 

また、朝はメイクの邪魔をしないもの、夜はこっくりした質感のも、と使い分けたい方には2種類の質感がセットになっている商品も多く登場していますので、探してみるのもおすすめです。

 

 

専用ケアはどうしても面倒!という方はお手持ちの乳液やクリームを目の下に厚めに塗るだけでも保湿効果を発揮してくれますよ。

 

 

まず、目元には保湿!ということを覚えておいてくださいね。

 

アイホールがくすんでいる時の正しいアイメイク方法

地道なケアをしていても、今すぐにくすみを目立たなくしたい!というときに知っておきたい、正しいアイメイクの方法をご紹介します。

 

 

方法は

  • 下地を工夫する
  • コンシーラーを使用する
  • 光を利用して目立たなくする
の3つが挙げられます。

 

 

下地というのはコントロールカラーです。

 

血行が悪くなっているため、目元に青っぽいくすみがある方にはオレンジ系、色素沈着が起きていて茶色っぱいくすみがある方にはイエロー系のコントロールカラーをお勧めします。

 

 

パール入りのものだと目元が明るくなりますので、広範囲に広げないよう使うようにしましょう。

 

 

また、目元に黒っぽい、加齢によるくすみのある方にはコントロールカラーよりカバー力のあるコンシーラーがぴったり。

 

 

こちらもご自身の肌から浮かない色(気持ち濃いめがおすすめです)を少しずつ叩きこむように馴染ませていきます。

 

 

そして最後の「光を利用する」ですが、がっつり厚塗りしてしまうとくすみが悪目立ちしてしまう場合があります。

 

 

パール感のあるハイライトやパウダーを目元にふんわりと使用することで、自然にくすみが目立たなくなりますよ。

 

 

もちろん、コントロールカラーやコンシーラーを使用して、さらにハイライトを入れることで効果がアップします。

 

page top